大手業者の選び方

料金と納期を確認しよう

ホームページを作るときに大手制作会社を利用する方もいるでしょう。制作を代行してもらうときには3つのことを決めて業者を選ぶ必要があります。1つは予算で上限を決めて利用しましょう。基本的にホームページ制作はオーダーメイドがメインです。クライアントの指示通りに作るとなるとそれなりの料金がかかってしまうのがネックです。また納期も確認しておく必要があります。それぞれの業者により納期は違いがあります。基本的にホームページ制作はそれなりの時間がかかってしまうので業者は余裕を持った納期を提案します。その際明確な納期を教えてくれる業者なら安心できます。例えば9月19日までに制作するといったように具体的な納期を教えてくれるところは信頼できる業者です。

ディレクターとうまく連携できるのかをチェック

サイトを作ってもらうときにディレクターと打ち合わせをします。その際ディレクターの性格などを考慮する必要があります。ホームページは一度作るとそれで終わりではなく長く運用をしないといけません。その際ディレクターとの相性が悪いとプロジェクトがうまく進まないので注意が必要です。担当ディレクターにしっかり実績があるのか確認をします。さらに自分のレベルに合わせた会話をしてくれるのかもチェックしましょう。信頼できるディレクターと組めば長くホームページ運用ができます。意思の疎通ができるという部分にも注目をします。こちらの考えていることをわかってくれるディレクターなら、望んでいるホームページを作ってくれる可能性が高いです。